前へ
次へ

切手は糊おちにも注意が必要です

長期間切手を保管している方は、定期的に上体をチェックして、糊おちをしていないかを調べる事が大切です。表側の絵柄はきれいな状態でも、裏側の糊おちが目立つ場合、切手の価値に影響する可能性があります。糊おちが目立つと、切手買取サービスを利用する際に、状態があまり良くないと判断されてしまう可能性があるため、注意が必要です。切手の保管状態が悪いことに早めに気づければ、これ以上状態が悪くなる前に、買取の判断を行う事ができます。切手の裏側をきちんと確認することも忘れないようにして、状態が良い内に、売る事ができるようにする事で、後悔のない買取を進められるようになります。また、保管を続けていく中で跡が切手に残ってしまう場合もあり、あまり強く固定しないようにする事も必要になります。価値の高い切手は、状態が良ければ、驚くような金額が付く可能性があるため、高く売る事ができるチャンスを逃さないようにするため、買取と状態に関する基礎知識を身につける事は大切です。

Page Top